tommy beef style赤身肉のおいしい食べ方

case_002

誰も失敗しない、薄切りステーキの焼き方

こんにちは。
佐賀・白石町 TOMMY BEEF 店主の吉原龍樹です。

牛肉といえばステーキですよね。
なかでも5〜9mm程度の薄切りステーキは、ご家庭でもあまり緊張せずに挑戦できるのではないでしょうか?

せっかくのお肉、絶対に失敗したくない。僕たちも失敗させたくない。ということで、今回はステーキの王様、サーロインを焼いてみます。使った牛肉は、僕たちの牧場・佐賀セントラル牧場で育てたしろいし牛です。

ではスタート。

①ステーキ肉を冷蔵庫から取り出して、お肉の両面に塩とブラックペッパーを散らします。そのまま30分ほどおいて、肉を室温に戻してください(ここ大事です)。

②フライパンを火にかけ(もしあれば厚手の鉄のフライパンがおすすめ)、バターを引きます。火加減は弱めの中火くらいで。
バターの量は、赤身肉なら多めに。溶けたバターにお肉が少し浸って、絡まるくらい。
和牛など、脂の多いお肉なら、そこまでは必要ありません。
おすすめはバターですが、牛脂でもOKです。

③フライパンが温まったらステーキ肉を焼きはじめます。火加減は弱めの中火のままです。
ニンニクや好みのハーブ、スパイスを一緒に焼くのもいいですね。

④香ばしく仕上がった焼色を確認したら裏返し、もう片面も同じように焼きます。

⑤火をとめて、レアがよければそのままお皿に。
ミディアムやウエルダンにしたい時は、そのまま2〜3分放置すると中まで優しく火(熱)が通ります。

完成!

放置しているときも、基本的にはフタをしたり、アルミホイルに包んだりしなくてOKです。

もしも、使っているフライパンが薄手で、しかもウエルダンに仕上げたい時は、フタをしておいた方がいいかもしれませんね。お肉と相談しながら進めてください。

ちなみに、ニンニクとローズマリーはステーキと相性抜群です。一緒に焼いてみるのはいかがでしょうか。ステーキと一緒に盛り付けてあげると、お皿の上がワイルドな印象になりますよ。

では、牛たちに感謝をささげながら、おいしくいただきます。
FARM to TABLE!!

TOMMY BEEFサーロインステーキはお取り寄せも可能です。詳しくはWEB SHOPでどうぞ。